打ち抜き加工

ビクトリア型平板打ち抜き加工とは
ビクトリア型平板打ち抜き

ビクトリア型平打ち抜き加工とは、ビクトリア刃(トムソン刃)と呼ばれる刃が埋め込まれた刃型で素材を加圧して、望みの形状に打ち抜きます。

 

印刷に使用されていた、ビクトリア型活版印刷機を打ち抜き機に改造して型抜きをしていた時代の名残りで、現在でも同種の機械で加工することを「ビク抜き」と呼れます。関東以外ではトムソン型と呼ばれます。

ビクトリア型 打ち抜きの特長

小ロットでの生産が可能
幅広い素材の加工が可能
金型と比べ コストが安価

ビクトリア型打ち抜き加工は、裁断・貼り合わせなど、複雑な作業を必要とする打ち抜き製品を

小ロット・低コスト、短納期の加工に向いています。

精工パッキングの特長

ビク抜きの特長を生かし、より幅広い対応とともに、自動送り抜き加工機を導入して生産の向上を図っています。

小さく・薄い

素材の加工に強い

極小、極細など

寸法公差±0.2mmを実現

同時に複数層の

連続抜き加工

5層など複数層の

貼り合わせ技術を保有

素材の角をきれい

に維持する技術

難易度の高い

角の処理が可能です

両面エッジなしの

独自技術加工

医療系のパーツとして採用

他社では作れない丸みの技術

0.3mm幅の

極細輪ゴム

かつしか極細輪ゴム 

ものづくりの精度を証明

小ロット・低コスト

他品種の対応

ビクトリア型打ち抜きだからこそ

実現可能な小ロット・低コスト

  • facebook

© 2017

有限会社精工パッキング

 

アクセス

〒125-0054 東京都葛飾区高砂3-28-18

 

お電話&ファックス

電話番号:03-3659-2125

ファックス: 03-5694-3446

会社概要